Pudge(通称デブ 富山)

初心者おすすめランク A+~C-
Pudge C-!! 危険度SS
C-なのになぜPudgeの紹介なのか?
Pudgeはスキルの特殊性と初見殺しさらにこのゲームで最もPick率(使う人が多いヒーロー)が高いヒーローで
2試合に1回はいる頻度です。
なのでPudgeが敵に来たときそして、味方に来た時にどう対処していけばいいのかを説明するために筆を執らせていただきました。
Pudgeは僕自身も大変面白いヒーローだと思いますが初心者さんには扱いづらく、そしてDota2という枠組みから少しずれてしまう部分があるので初心者さんがうまくなることを目指すのであればあまりお勧めはできないヒーローです。しかし、Dota2というゲームに慣れてから使っていただけると嬉しいです。

スキル説明

1番 Meat Hook
Pudgeの代名詞と言われているスキル、指定した場所にHookを飛ばしHookが当たった
ユニット(Roshan Ancient creepを除く)をPudgeの前までひっぱてくる。
Hookに当たった際に高いPureダメージ(対処不能なダメージ)が入るため大変痛い。
どんなに強く
なっていてもHookをくらってしまうと逆転されることがある。
Runeを引っ張ることもできる、Runeを引っ張った際はマナ消費は0になる。

2番 Rot
Pudgeの体から強烈な臭いをだして敵に移動速度減速とダメージを与える、このスキルダメージはPudge自身もくらう諸刃の剣ではあるがダメージ量が高く、Pudgeの体力はこのゲームで上位に位置するのでPudgeにとってはあまり問題は無い。
Pudgeはこのスキルの自傷ダメージでDeny(自殺)することができPudgeを倒せそうなところでDenyされてしまうことが多々ある。

3番 Flesh Heap
地味だが恐ろしいパッシブスキル、魔法ダメージ減少とPudgeの近くで敵ヒーローが死んだ際にレベルに応じたSTRが永続的に増え続けるので、Pudgeの体力は敵が近くで倒せれば無限に体力が上昇していく、ロングゲームになると体力1万近くのPudgeが歩いている・・・

 

ULT Dismember(通称フレッシュミート)
近くにいる敵を3秒間(クリープなら6秒間)スタン状態にし、基本ダメージと自分のSTRに応じたダメージを3秒間かけて与え、Pudgeはダメージと同じ量を3秒間かけて回復する。
このスキルはチャネリングスキルなので味方がPudgeにスタンやサイレンスを入れると解除される。
3番のスキルとの相乗効果でダメージと回復量は上昇し続ける。
Pudgeがこのスキルを使用するとマップ全体にフレッシュミートと声が聞こえるので、もし敵全員見えていない時にこの声が聞こえたらRoshaにいる可能性が高いので注意しよう。

Aghanim’s Scepter効果
1番のHookのクールダウンを4秒に短縮してダメージ量が増える。強いがマナ消費が増えHookという不確定スキルの強化なのでPudgeに自信がある人が持つと強い。

参考動画
随時更新予定

Coming soon!!

Dota2 ガイドはこちら
こちらのURLからサブスクライブして頂けるとDota2内で使用できます。

 

スキルビルド説明
序盤は1番のHookを取って、00:00秒になった時に敵のBounty RuneをHookできると強い、敵を引っ張ってしまう可能性があるので、引っ張っても大丈夫なように味方の近くで引っ張るようにしよう。
序盤は1番のスキルと2番のスキルをどちらかを優先的に上げる、相手にMelee(近接)が多いなら近づきやすいので2番を上げて、相手にRange(遠距離)が多いならHookを上げるように僕はしている。
3番はスキルを取っていなくてもスキルを取った際にこれまで近くで倒した敵の分だけSTRボーナスがもらえるので、3番以外スキルをふれなくなるまで取らなくてもよい。

アイテムビルド説明
初期アイテムは人によって様々だが2番のRotでPudgeもダメージを受けるので回復アイテムを充実させておきましょう。PudgeのマナはLv1の時はHookを一回しか撃つことができないのでマナの回復アイテムを持ちましょう。

を持っていきましょう、その後はサポート系アイテムとTank系アイテムを充実させていきましょう。

この順番で買っていけばまず間違いありません。
上記のアイテム説明はSpirit BreakerとAxeでさせていただいたので割愛させていただきます。
Spirit Breaker解説ページリンク
Axe解説ページリンク

Dota2 JP wikiアイテム欄

タレント説明

LV10は正直どちらでもいいのですが、僕の判断基準は勝っている時は2番のRotダメージ上昇
負けている時は相手に追いつくために+30%XP上昇を取っています。

LV15は、右側の13%Spell Life stealをとります。なぜかというとPudgeはTank職なので、これを取ることによって相手に与えたスキルダメージの13%が回復するため実質体力が増えるのと同義だからです。

LV20は180G/minを取りましょう、Pudgeはサポート職も兼任しているためお金が入りにくいため、これを入れることでお金に余裕ができるからです。

LV25は悩みどころです、僕の判断基準では、3番のFlesh Heep STR2倍のほうを基本的にとっていますが、
相手にエスケープ(逃げ)が強いやつがいて味方がとらえきれない時は+3秒ULT時間延長を取っています。
統計的にはSTR2倍のほうが勝率が高いので、わからない時はとりあえず左側で問題ないと思います。

集団戦や敵との戦い方
序盤の動き
Pudgeは基本的にLv1はRuneを確保後はTOPかBOTのどちらかでLv2か
3にするまでPudgeがいること悟られないように木の中に隠れてHookで敵を狙います。敵を自陣のタワー近くに引きずり込めれば味方が合わせてくれれば簡単にキルを取ることができます。
Lv2が入ればHookが当たればMidを安定して倒せるようになります。
1番のHookを撃って2番のRotでおっかければ相手にスローとダメージが入りその間に味方の援護があれば倒すことができます。
LV6まではこのような感じで動くとOKです。

中盤での動き方
恐らく10分あたりでLv6になりULTが入りレーンでの戦いが終了します。
味方や敵もJungleに入りだしますので、Pudgeは一人で動くのではなく味方のサポートやオフレーナーなどFarm(金策)を必要としない味方と共に敵の陣地を索敵して倒すことを心がけましょう。
Hookは不確定のためできれば味方のスタンなどを先にしてもらいその間に2番で近づきULTをしましょう、ULT後ダメージが足りていなければ超至近距離で邪魔するものがないのでHookを当てて敵を倒していきましょう。
Blink daggerが入れば、 敵にBlinkで入りRotを出しながらULTを打ちULT終了後にHookを打つが一連のコンボになります。

集団戦での動き
集団戦では敵のcarryや火力が高いキャラクターに粘着しましょう。
Hookが当たるならばHookから集団戦を開始してもいいですし、PudgeのBlinkから入ってもいいです。
相手の火力が高いヒーローを抑え込むことで集団戦を有利に運びましょう。

注意点
・Pudgeを使用する際の注意
Hookは味方も引っ張ってしまうので、集団戦などでむやみにHookを使ってチームの邪魔をしないようにしましょう。
相手のイニシエーター(広範囲スタンなど集団戦の要となるヒーロー)などを自陣に引っ張り込まないように気を付けましょう。下手すればチームが崩壊します。
・Pudgeを使われた際の注意点
マップに見えていない限り常に自分の近くにいると思って動きましょう。
序盤でラストヒットを取る際が怪しい場所などがある時その間にクリープを挟むなどをしてHookに引かれないように注意しましょう。
同じ場所に一定時間立ち続けないようこまめに動きましょう。
PudgeはTankなので集団戦では無視して攻撃しないようにしましょう。

まとめ
Pudgeはこのゲームで圧倒的な人気を誇るヒーローなので、Pudgeがいないゲームはほぼないと思ってください。
Pudgeを対策をすることはこのゲームを理解する一番の近道な可能性があります。
Pudgeは正直できるようになるととてつもなく面白いヒーローですが、勝ち負けを考えた際にPudgeは正直強いヒーローではないです。
なのでPudgeは息抜きをするくらいの気持ちで使っているのが一番たのしいかもしれませんね。
Pudgeを使うことでPudgeに対する理解ができますので、敵にPudgeが来たときも容易に対処できるようになるためにもDota2に慣れてきたら何度か使ってみる事をおすすめします。

小ネタ
Pudgeの事をみんなデブデブいうのでたまにぼくが反応してしまいます。